屋上・ベランダ防水が大事な理由|草加市の外壁・屋根塗装なら株式会社永矢

ブログ

BLOG

ブログ

BLOG
株式会社永矢

屋上・ベランダ防水が大事な理由

2024.03.05
  • 豆知識


雨漏りは、住まいにとって深刻な問題です。天井や壁のシミ、カビの発生、建物の腐食など、様々な被害を引き起こします。これらの被害を防ぐためには、屋上・ベランダの防水が重要です。

1. 雨漏りによる被害

雨漏りが発生すると、以下のような被害が起こります。

  • 天井や壁のシミ・カビ
  • 建物の腐食
  • シロアリの発生
  • 家具や家電の損傷
  • 健康被害
  • 修繕費用の増加

雨漏りが長期化すると、建物の構造自体にダメージを与え、耐震性が低下する可能性もあります。

2. 防水工事の重要性

屋上やベランダは、常に雨風にさらされているため、防水性が劣化しやすい箇所です。防水性が低下すると、雨水が内部に浸透し、雨漏りの原因となります。

定期的に防水工事を行うことで、以下のメリットがあります。

  • 雨漏りを防ぎ、建物を長持ちさせる
  • 快適な住環境を維持する
  • 修繕費用を抑える

3. 防水工事の種類

防水工事には、様々な種類があります。

  • アスファルト防水:最も一般的な防水方法
  • ウレタン防水:軽量で耐久性に優れている
  • FRP防水:強度が高く、水密性が高い
  • シート防水:施工が簡単で、コストが安い

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、建物の状況や予算に合った方法を選ぶことが重要です。

4. 防水工事のタイミング

防水工事は、10~15年に1回を目安に行うのがおすすめです。しかし、以下の様な場合には、早めに防水工事を行う必要があります。

  • 築10年以上経過している
  • 雨漏りの跡がある
  • 防水層にひび割れや剥がれがある
  • コケやカビが生えている

5. まとめ

屋上・ベランダ防水は、建物を守り、快適な住環境を維持するために重要です。定期的な点検と適切なタイミングでの防水工事を行いましょう。